猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示する終了

無事終了しました。



後は2日後に診察です。

あまりにも立派な手術室で、気後れしてしまいました。

でも、手術自体は簡単に終わりました。

やれやれです。

この記事のみを表示する手術だよん

もうそろそろ、手術です。



待ち時間、ヒマです。

この記事のみを表示する待ちかねた季節

やっと春になりました。

この景色が見られる様になって、初めて春を実感できます。



アップしてみましょうね~



大好きな花達。

春の今だけの饗宴です。

また来年、見られるかなぁ~

年々、こういう場所が少なくなって来て寂しいです。

採取しないでね。

この記事のみを表示するやっぱりね…

4月後半とは思えない、さむ~~い毎日のこの辺です。

今日は日差しがあるから、ちょいと暖かくなるかなぁ~

プロ野球が開幕して以来、ずーっと負けが続く日ハム。

あまり負け続けているので、勝てる気がしない。

これも、気分が滅入る原因の一つだけど…

最大の原因は、実家の母親…

ここの所、2日に一度は電話して様子を見ているのだけれど、

先日電話をした際に

一階の和室に移動するのは父だけで、自分は今まで通り二階の奥の部屋で良いから!

と言い出した。


二階への階段は、手摺りと滑り止めは付いているものの、
傾斜は急だし、いくら言っても照明を明るいものに変えてくれないから、夜は足元がよく見えない。

第一、腰が痛いと言って近所のスーパーにも歩いて行けない人間が、一旦つまずいたらどうなるか、目に見えて危険極まりない。

さらに、年寄りだから夜はトイレに起きるのだけど、トイレは階段を降りた所にあるわけで、暗がりを手摺りに捕まって不安定な足取りで降りて行く。

その時、飼い猫のクロが足元にまとわりついてくるとの事…

誰がどう見たって、危ないじゃんね。


それなのに、

あたしは、まだ元気だから大丈夫!

と来たもんだ…

でもさ、元気なうちに一階に移動した方が良いんじゃない?
夜中に、父さんの様子がおかしくなっても一階と二階じゃ気がつかないでしょ?

と、まぁ言った訳よ。

そしたら、ガッチャンと電話を切られたよ。


ショックだった。


そして決めた。

向こうから何か言ってくるまでは、一切電話しない。

きっと、迷惑だったんでしょ

色々言われて、嫌だったんでしょ


だから、もう何も送らないし、何もしないし、何も考えないことに決めた。

旦那の実家の事だけ考えて行くよ。

もともと、ちょっとした確執がある母親なんだけど、結構気分が悪い。

この電話があってから、何日かたつけれど電話もないし、私もしていない。

面倒臭くてやんなちゃう。

もしかして、母親もボケて来たのかな~

この記事のみを表示するひゃっほ~~

へへん!

吹雪ですよー




気分、滅入る~~