猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するプライドが邪魔をする

さて、モモコ父のその後ですが、

電話口でのモモコとの激しい攻防を幾度となく重ねた結果、タクシーで病院に連行され、無事入院となりました。

昨日、秋田は大雪で大変だったようです。

それでも、あの日雪寄せを手伝ってくれて、モモコ父の異変を見ていた隣のおじさんが付き添ってくれて、モモコ母と3人で何とか病院へ行けました。

モモコ父は、齢とともに頑固さに磨きがかかり、本当に家族のいう事を聞かないのです。

でも今回、となりのおじさんがいた事で、気まずかったのか何とか病院に連れ出すのに成功。

自分は、若い頃から身体を鍛えてきてるから、大丈夫だ!というおかしな自信と、教師だった変なプライドがあって、人に頼りたく無い、自分の事は自分でやるから余計な事はするな…

その実は、病院が怖いのですよ。

何されるかわからない不安があって、なかなか病院に行きたがらないのです。

家族が心配して病院に行くように言うと、激しく反応して怒り出すのです。

モモコ母も、手を焼いているのもわかりますね。

どうも男性は、齢とともに同じ様に扱いにくくなる人が多い様です。

一家の主として家族を守り、社会で頑張ってきたと言う自負。

歳をとって若い頃の様に出来なくなった事に対する不安。

そういった事が原因でしょうかね。

まずは、10日前後の入院で済む様なのでホッとしています。

本当は、土曜日に直ぐに病院に行っていれば、一番良かったのです。

モモコ母には、これからも同じ様な事が起きる可能性が高いから、そう言う時は直ぐに病院に行く様に言いました。

足腰に自信が無いと躊躇してたら、取り返しのつかない事になりかねない事、
脳の場合、様子をみてから…というのはダメだという事。

脳梗塞は発作が起きてから、早ければ早いほど予後が良い事を伝えました。

さて、ちゃんと聞いてくれたかな?

微妙ですね~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。