猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示する火を噴く飛行機

千歳で飛行機の事故がありましたね。

まあ、大事にはいたらなかったようですが。


離陸前だったから良かったものの、離陸直前とか、離陸してからだったら…

と思うと、ゾッとします。


最近多いよね、JAL。

嫌だな~

来月、実家に帰省するのにさ~

行きはJALなんだよね~

同じ機種だし、しっかりと整備してよ~。


以前、機体の不良で飛行機の手配が取れず、

帰れない事があったのもJALだったなぁ~


日本の翼よ、

運賃は高い、

機体は火を噴くんじゃお話にならないわよ。




モモコがいないとメクチョ取ってもらえないの。

お願いJAL、私達を路頭に迷わせないでね。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する霧の日

昨日の夕方からずっと霧が出ています。

小雨混じり、気温が高いのでしょうね。





天気予報だと、今日は大荒れで風が強くなるって言ってたけれど

反して風は静かで雨もそんなに激しくないわ。


でも太陽が出てない分、猫たちのやる気も失せてるってもんで、

どれもこれも、まあよく寝ていらっしゃいます。


メラノーマ疑惑から、とっ捕まえられては眼の奥を覗き込まれる災難にあっているエリカも、手で目を隠してグッスリ。(^_^;)






デブなのにアスリートのちゃこぽんは、態度もでかくベット独り占め。






もう一匹の茶色ちゃんは、私の横でいびきをかきながら爆睡中。






最近疑問に思うのだけど、こやつらは、いつ活動しているのかしら?

食っちゃ寝が本来のお姿でしたっけ?


野性は、どこへ消えた⁉️

この記事のみを表示する

北海道にも、札幌雪まつりがおわるとボチボチと春がやってきます。

今シーズンは、とっても楽だったわよ~

大荒れにもならず、大雪にもならず。

どうかこのまま春が来ますように…


さて、今回の話題の主はエリカ様です。

先日、「カイカイ」のお薬を貰いに病院に行ってきました。

エリカ様の瞳を見た先生が言うのですよ。


「この子の瞳って着色がありますね。

いつ頃からありますか?」





「だいぶ昔からありますけど…?」

それが何かしたんだろうか?

次の言葉に、わたしゃ腰が抜けそうだったんだわよ。


「ただの色素沈着なら問題はないのですが、虹彩メラノーマだとすると大変です。」


メラノーマ?

癌の?

どうすんの?


今後、色素沈着の部分が広がったり、黒目の部分が変化したり、

腫れたりしたら、即連れてきて、という事でした。


もしメラノーマだったら、眼球摘出することになるんだわね。

転移している可能性も高い確率であるらしいんだわよ。

ネットで検索しても、いい事一つも出てこない。

眼の場合、細胞診も難しいからさ。

どうしたもんだろう?

ね?


とりあえずは注意して見て行くしかないんだけど、

心配で心配で、何も手に付かず困っています。

この記事のみを表示する現場監督の眼差し

新しいボイラーの設置工事を無事に迎える事ができました。

今まで使ってきたボイラーが、最後の意地を見せて一度も停止することなく務めを果たしてくれました。

毎日真冬日が続く中、暖房がないとね~

マジでヤバいんだわよ。

突然の出費はいたいけど、しょうがないわ…


設置工事の最中、猫たちはどうしていたかっていうと言うと、

サボっちゃダメよ!とでも言いたげに目を離さず、しっかりと観察しておりました。

エリカも…



なっちゃんも…



ちょっと暗かった。(^_^;)

厳しく監督しておりました。




ちゃんと見ておかなくっちゃ…


ところでお気づきでしょうか?

一匹足りないことを?

その一匹は、ボイラー屋が家に来た途端雲隠れ。

デブなのに、逃げ足だけはアスリート。