猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示する皆様へ

風太を見送ってから、もうすぐ二週間が経ちます。

遺骨とお花を飾った祭壇に、風太の遺影を置いてみました。

風太の遺影をどれにするか、たくさんの画像を見るごと寂しさが胸に迫り泣きながらの作業となりました。

モモと一緒の写真、クリスとの写真、なっちゃんと鼻チュしてる写真、

エリカとラブラブな写真、文句垂れている写真、

元気な頃の写真が沢山あります。


最期の方の写真は、あまりにも痩せちゃって痛々しくって見ていられませんでした。

そしてやっとの思いでこの一枚に決めました。

いつになるかわからないけれど、もう少し気持ちが落ち着いたら

もう一度見直してもいいですからね。





祭壇で、まっすぐにこっちを見つめる風太。

まるで、そこにいるようです。


モモやクリスの写真の所には、もう少し経ってからね。

今はまだそこにいて、私を見ててね。




皆様へ


私の大事なブロ友の皆様。

くじけそうになった時、迷いが生じた時、

様々な形で励ましてくださって、本当に感謝しております。

風太と同じ頃、あとを追うようにimiさんのモモちゃんも旅立ちました。

今年は、ブロ友さんの愛猫さんとのお別れが多かったように思います。

悲しみの多い年になりましたが、

悲しみを共有できる仲間としてこれからもよろしくお願いします。

ちびねこさん、ミントママさん、猫ママさん、猫華さん、

じるにゃんこさん、茶太ママさん、きくちゃんさん、

おぶこさん、michikoさん、まみむママさん、しまさん、

そして、imiさん。(順不同で失礼します。)


 風太は、最期の一息まで命を使い切って旅立ちました。

私も、私が風太に出来得る事全てしてあげられたと思っています。

後悔はありません。

いろいろなお別れの仕方があるけれど、愛情を持ってした事には間違いなんてないんですね。

風太は、たまたま天寿を全うできたけれど、

そうじゃない子も沢山います。

皆様のところのシッポさん達が健やかで過ごせます様、願っております。

風太の代わりにお礼申し上げます。

ありがとうございました。
スポンサーサイト