猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示する野辺の送り

「いい夫婦の日」「ワンワンにゃんにゃんの日」に旅に出た風太。

その日は友引でしたので、その翌日の23日は

斎場がとても混んでいて予約が取れませんでした。

風太は予定よりも1日だけ長く我が家で過ごしました。

小さな頃から大好きだったキリンと一緒に。


そして今日、朝一番で空に昇って行きました。

昨日までとってもいいお天気だったのね。

今日は今シーズン初めての本格的な雪の1日です。

爺が仕事で一緒に行けないので、いつも風太の介助をお手伝いしてくれていたおばさんが付き添ってくださいました。

一人だと心細かったので、有難かったです。

風太の骨はすごくしっかりしていて、猫用の骨箱には入りきらず小型犬用の骨箱になりました。

不思議と涙が出なかった。

少し晴れ晴れとした気持ち、何となく誇らしい気持ちがしました。

白血病を乗り越えて、18年近くまでよく頑張って生きてくれた。

最期のときも、すーっと静かに逝ってくれて私たちの気持ちをかき乱したりしなかった。

風太…ありがと。

ありがとね。
スポンサーサイト