猫とワタシ

ももちゃんねる 2

猫と夫とのありふれた日常

この記事のみを表示するスマイルジャパン

昨日、久しぶりにアイスホッケーの中継を観ました。

パックの行方を目で追っていたら、あまりに目まぐるしくて酔いそうになりました。

眼の衰えを痛感しました。

でも、オリンピック出場が決まってめでたい事です。


バンザーイ!


スポンサーサイト

この記事のみを表示する心配だけど

あの日、飛行機が無事に飛んでくれて助かりました。

秋田に着いて、実家に荷物を置いてから母と病院で担当医からの説明を聞くことになっていたのです。

弟一家は仕事がありますから、母一人では心ぼそいですよね。

父は体調面では、少し腎機能が低下しているらしいので内科で診てもらう事(脳研には内科が無いらしい)

また若干、糖尿の傾向があるので食事に気をつける様指導を受けました。

麻痺や言語などに異常は無いものの、認知機能に問題がある様です。

記憶が曖昧になることがあり、これが問題ですね。

今のところ、普段の生活には支障が無いので翌日退院しました。


さて、家に帰ってからが大変です。

本人よりも母が大変。

今までの食事を見直さなければなりませんからね。

目分量だし、漬け物や加工品に頼っていましたから。


母、激しくパニックです。


母を落ち着かせて、食事の基本をパターン化して安心させるまでが大仕事でした。


本人も血圧が高いし、血糖値も高くクスリを飲んでいるのだから、自分のためでもあるのです。


アマゾンでレシピ本を取り寄せました。

使いこなせないとは思うけれど
困った時参考になればいいですからね。
お守りみたいなものです。

いまは、減塩の調味料が沢山あるので、今までの物と変えて、キチンと計量するだけでも改善出来ると思うのですが、計量に慣れてないので、それがかなりの負担らしいのです。

慣れたら大丈夫だから、と励ますしか無いですね。

年取ってからの、生活の変化は大変です。

それは理解出来るのですが、やらなければそれまでなので…

今日、北海道に帰らなければならない私としては、かなり心配です。

でも、近所の人もいるし、弟一家もいるので母には頑張って貰うしかありません。

来月は来れるかな~

心配…

この記事のみを表示する白い恐怖

モモコんちのそばで多重玉突き事故がありました。

あたしが通る15分程前の出来事だと、後で知りました。

危なく巻き込まれるところだったわ。

今はもう吹雪いていないの。

ホワイトアウトになると、思わず止まってしまう人が多いけど、追突されるから、ゆっくりと前進した方が良い場合もあるんだよね。

結構怖いですよ。

用事のない時は、出歩かないのが北海道では常識です。

明日、飛行機大丈夫かな?



この記事のみを表示するバタバタしてます

明日から秋田に帰省します。

父の今後の事について、母や弟達と相談してきます。

明後日には退院するらしいです。

これからが大変ですね。


しばらく、お留守番ね。

爺さまに甘えてね。




この記事のみを表示するプライドが邪魔をする

さて、モモコ父のその後ですが、

電話口でのモモコとの激しい攻防を幾度となく重ねた結果、タクシーで病院に連行され、無事入院となりました。

昨日、秋田は大雪で大変だったようです。

それでも、あの日雪寄せを手伝ってくれて、モモコ父の異変を見ていた隣のおじさんが付き添ってくれて、モモコ母と3人で何とか病院へ行けました。

モモコ父は、齢とともに頑固さに磨きがかかり、本当に家族のいう事を聞かないのです。

でも今回、となりのおじさんがいた事で、気まずかったのか何とか病院に連れ出すのに成功。

自分は、若い頃から身体を鍛えてきてるから、大丈夫だ!というおかしな自信と、教師だった変なプライドがあって、人に頼りたく無い、自分の事は自分でやるから余計な事はするな…

その実は、病院が怖いのですよ。

何されるかわからない不安があって、なかなか病院に行きたがらないのです。

家族が心配して病院に行くように言うと、激しく反応して怒り出すのです。

モモコ母も、手を焼いているのもわかりますね。

どうも男性は、齢とともに同じ様に扱いにくくなる人が多い様です。

一家の主として家族を守り、社会で頑張ってきたと言う自負。

歳をとって若い頃の様に出来なくなった事に対する不安。

そういった事が原因でしょうかね。

まずは、10日前後の入院で済む様なのでホッとしています。

本当は、土曜日に直ぐに病院に行っていれば、一番良かったのです。

モモコ母には、これからも同じ様な事が起きる可能性が高いから、そう言う時は直ぐに病院に行く様に言いました。

足腰に自信が無いと躊躇してたら、取り返しのつかない事になりかねない事、
脳の場合、様子をみてから…というのはダメだという事。

脳梗塞は発作が起きてから、早ければ早いほど予後が良い事を伝えました。

さて、ちゃんと聞いてくれたかな?

微妙ですね~